心の更生

心の更生には毒親とモラルハラスメントを乗り越えてバランスの良いプラス思考になることが大事。

モラルハラスメントの被害者たちは気付こう!
被害が深刻な被害者は、自分が被害者だと気がついていません。

モラハラ加害者は後出しジャンケンのように後から理由付けをします。

悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

モラハラ加害者は後出しジャンケンのように後から理由付けをします。

モラハラ加害者は後出しジャンケンのように「後から理由付け」をします。それほど自分の人生を生きれず自分を犠牲にして誰かに自分の心を渡しています。「もう、自分の人生を生きていいんだよ」と温かい言葉をかけると変わる場合もあります。凍りの心を溶かすのは命懸けです。

例えば、自分がやったことがバレて白状したとします。その後に、加害者が証拠がないのを知ったとします。すると、豹変し「自白を強要されて怖かったから言ってしまった」と平気で嘘をつく場合もあります。このように「後から理由付け」をします。

証拠がない場合、周囲は「演技力が高いほうを信じやすい」ものです。このようなタイプに関わると本当に陥れられる場合もありますから要注意です。

記事を評価できます。

(最終更新:2017年11月26日)コメント0件

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top