心の更生

心の更生には毒親とモラルハラスメントを乗り越えてバランスの良いプラス思考になることが大事。

【拡散希望】霊感商法の詐欺師たちが自分たちの邪魔になる相手を陥れる時に使う手口(ツイッターを使う手口)の1つがあります。【すり替え手法】

【拡散希望】霊感商法の詐欺師たちが自分たちの邪魔になる相手を陥れる時に使う手口(ツイッターを使う手口)の1つがあります。【すり替え手法】

※騙されてしまう人もいますから、このような記事も「材料」の1つとして残しておくことも大切なので残しておきます。

霊感商法の詐欺師たちが自分たちの邪魔になる相手(情報発信者)を陥れる時に使う手口(ツイッターを使う手口)の1つがあります。それはターゲットの固有名詞を出さずに、ターゲットから被害を受けている演技をした情報発信をすることです。

例えば、まずアカウントのプロフィールに「私は、嫌がらせを受けていて、私の情報を真似されています!」「狙われてます!」のようなことを書く。そして、自身のツイートで「本などから引用した内容」を繰り返し書く。その本の内容は、ターゲットが情報発信している内容を事前に調査し、それに似ている本を選択します。

例えば、ターゲットが〇〇に関しての情報発信してるとする。詐欺師は自身のアカウントで〇〇に関する本の引用をたくさんツイートする。そしてプロフィールに「真似されてます」と書いてある。そこで鵜呑みにする事実確認が出来ないフォロワーは「あの人が真似ししてるのか」と思い込んでいく。

1、邪魔になる相手(情報発信者)「A」を陥れるためのアカウントを用意
2、プロフィールに「真似されてます!」と「B」が偽被害を書く
3、偽被害を事実に見えるように、邪魔になる相手(情報発信者)が発信している情報と似ている本の内容を引用し続ける
4、フォロワーに「A」が「B」の情報を真似したかのように錯覚させる
5、偽被害捏造した「B」は、繰り返しフォロワーに思い込みを植え付けていく

このように、少しずつ思い込みをフォロワーに植え付けているのです。これをやっている者は、まず実名を出していない。出せるわけがない。そして、スピリチュアルの有名人をヨイショしている。年がら年中、霊感商法の詐欺師は他人を陥れようとしてまで隠蔽するのです。

まさに、「すり替え手法!」ですね!すり替え手法を使って、名誉毀損逃れをしながらターゲットの印象を操作している悪質な隠れ犯罪者ですね。これは覚えておいて損はないですよ。このような「すり替え手法!」は形を変えていくらでもありますので!

このような手口を使っている者は、いつも「偽スピリチュアル」なんですよね!本来のスピリチュアルに紛れている偽物です。偽物だから、こんなすり替え手法を使ってまで邪魔になる相手(情報発信者)を陥れようとするのです。本物がこんな汚い手口を使う必要はありません。

隠れた目的を見ろ!

多くの人がご存知の心理学三大巨頭の1人アドラーが、「行動の裏には隠れた目的がある」と言ったように、このようなすり替え手法を使っている隠れ犯罪者にも同様に隠れた目的があるのです。

彼らの「行動」に関することを書き出してみましょう。

1、ツイッター上で、真似されているなどの偽被害を訴え続けている
2、偽被害を訴えるだけで何年も進展させない(進展がないなんて普通あり得ない)
3、確固たる証拠を1つも出さない(証拠も無しに何年も被害を訴え続ける時点で普通に考えて異常)
4、食べ物の写真などを定期的に入れて偽被害を発信し続けている
5、よく怪しいスピリチュアル系の情報をRTしている

これが答えです。つまり、逮捕されないように巧みにターゲットの印象を悪くしつつ、上手い飯を食いながら、「メシウマ(他人の不幸で今日も飯がうまい)」状態になりつつ、更には怪しいスピリチュアルの宣伝までしているとう、まさにちゃっかりのメシウマ加害者なわけです。これが彼の「隠れた目的」の1つです。

真似されたと言いながらこの本人がストーカーをしています。何年もターゲットのことをああでもないこうでもないと何の進展も無し、問題解決も無しに書き続けるのですから、立派なストーカーですね。問題解決のために向き合って手口を知りつくというのなら健全です。もし健全なほうならば「何年も書き続けるわけがない」のです。普通は、解決する日が来るのです。彼の情報発信は偽被害をつくり、演じているだけの茶番です。

何年も偽被害を訴え続けている被害が、もしも仮に事実ならば、その被害の証拠や、裁判を起こした判決正本などを公開するでしょう。普通に考えて馬鹿じゃない限り、彼のアカウントがこの記事でお伝えしている手口のものだとわかるでしょう。

このモラルハラスメントの加害者の隠れた目的は「メシウマ」と「ストーカー」と「嫌がらせ」です。

名誉毀損をされているという被害妄想、または偽被害のねつ造までしていることもある

このような、「すり替え手法」を使うアカウントの者は、実名を出せません。出せるわけがないのです。何故なら「大嘘つきだから」です。名誉毀損をされているという被害妄想、または偽被害のねつ造までしていることもあります。そもそも、名誉毀損というのは、他人の名誉を傷つける行為です。「他人(個人)」を特定出来る状況下でなければ成立さえしないのです。

つまりは、実名も出していない者が「名誉毀損をされている」などと言っているのならば、法律も知らない相当無知な者か、平気で大嘘をついている者なのです。そして「自分がしているから、事実ではないことを、されていると思い込んで、そう見えている」のでしょうね。名誉毀損を成立させたいのなら、その第一歩としてまずは「個人を特定出来る状況」を作ってみたら良いのに。ちょっと見るだけで大嘘がボロボロと出てくる。所詮は、子供だましの茶番、もうみんなにばれているのです!

しかも、彼、焦っているようですね。もっと、焦っちゃえよ。この詐欺師が!

実名を出さずに、何年も印象操作系の発信を匿名アカウントで続け、大嘘をまき散らす公害アカウント!悪質極まりない。

どこに証拠があるんだよ、証拠の1つでも出してみろよこの万年妄想ホラ吹きすり替えが!もうみんなにバレてるんだよ。

絶対にコイツだけは許さない。(害悪を許す必要がないという意味)

ここまでの腐った外道は初めて見ました。こいつは、帰るべき場所に帰らなければならない。証拠の1つも出せない、出せるわけの無い大嘘つきの大ほら吹きの偽被害を発信し続け(何年も)、「メシウマ」「ストーカー」と「嫌がらせ」を繰り返し外道。コイツは悪霊と呼ぶにふさわしい。手口が本当に汚い。人生の中で、最も汚いものを見た。挙句の果てには「投影の悪用」までしている。自分がしていることを「されている」などと「すり替える」。。。どこまでいっても「すり替え手法!」です。まさに以下のツイートのような加害者が進化したかのような手口です。

ザ・スリカエ!

「すり替え(スリカエ)」がどれだけ悪質なことか、よく勉強することですね。濡れ衣を着せる、これも悪質極まりないことです。恥を知れ!。

彼を見るとわかりますよ、投影の悪用をしていますので。投影の悪用については別記事をご覧下さい。これを見ると、更にあのアカウントの手口がよーくわかりますよ。

「すり替え」についても彼の発信内容を、「すり替え」と「証拠なし」「事実確認なし」の視点で見れば一目瞭然です。ただただ、偽被害を捏造しながら、合間にメシウマで、大嘘を平気で吹き続けているだけで、「証拠」も「判決正本」の証拠画像も、何1つ、たったの1つも、、無いのですから。それが、、すべての、、、答えです。

モラルハラスメントの加害者が使う手口の1つ「投影の悪用」とは?精神的な嫌がらせであるモラルハラスメント。

投影の悪用は凶器です。モラルハラスメントとして使われることもある。あなたは投影だと決めつけられたことはないですか?

偽物だからこそ「すり替え」を必要とする

なぜ、彼には、何年でも平気ですり替えを行い続けることが出来る異常性があるか。その原動力はいったい何なのか。その1つを教えましょう。それは「人生の嘘」です。アドラー心理学でも出てくる言葉ですが、嘘に嘘を重ねてきた人生ですから、すり替え無しでは生きられないのです。

自分の本当の道を捻じ曲げ、嘘の人生を送り、支配者に媚び、群れに依存し、自分を見捨て、本当の自分がわからなくなり、支配者に迎合する自分を本当の自分だと思い見ながら誤魔化しているのです。だから事あるごとに「すり替え」が必要になるのです。偽物は本物があると困るのです。だからすり替える。

つまり、このような「すり替え」タイプから何故かしつこく付き纏われて「すり替え」をされる者は、「本物(本当の自分を生きている、または生きようとしている)」から、偽物からすり替えに遭いやすい。本物を見ているとすり替える側は怖くなるのです。だから本物に偽物のレッテルを貼ろうとする。

自分が自分を生きれないからって、他人の足を引っ張り、邪魔をして、すり替えて、しつこく付き纏うことがどれだけ害悪か、迷惑か、すり替える側はそこを勉強しないといけない。そんなことをしても幸せになんてなれないのです。自分で自分の未来を壊しているのと同じです。

必要なのは隠れた恐怖に向き合う勇気

すり替える者に必要なことは「人生の嘘」の裏にある「隠れた恐怖」に真正面から向き合う「勇気」です。1度は、誰かを頼らずに極度の恐怖と向き合わないといけません。それが出来ないうちに群れても所詮は群れに依存しているだけです。根底にある恐怖に向き合う勇気、それがすり替える者に必要なこと。

「人生の嘘」と向き合わない限り、「すり替え手法」はさらに磨きをかけてしまうことになります。すり替え手法は、所詮は不健全なものであり、「逃げ」の手口なのです。まっすぐ生きている人はすり替える必要がまったくないのです。

すり替え手法を使っている偽スピリチュアルの師匠は誰なのか!?

このようなすり替え手法を使っている偽スピリチュアルの師匠は誰なのか、それは彼のアカウントの「崇拝先(頻繁にRTなどをしている相手)」を辿っていけば、なんとな可能性としては見えてきますよね。この彼の崇拝先は、どうやら、あの有名な人のようですね。もしかしたら、そういった自分物が、下の者に「アイツを陥れろ!」なんて支持している可能性も否定は出来ません。何故なら「類は友を呼ぶ」というよう、やはり繋がっている者同士は、何らかの共通点もありますから。

すり替え手法を使っている者は動物を悪用することがある

すり替え手法を使っている者の仲間も、心理に詳しいので動物を悪用することがあります。すり替え情報を受け入れられやすいように動物のキャラクターとかを使ってフォロワーを騙していくこともあります。(全てがそうと言う意味ではない、ごく稀に、混ざっている)ということ。イヌ、とか、ネコ、とかかわいい動物のキャラクターを使うだけでもすり替えの嘘情報を信じ込ませやすくなるので、彼らは実名を出さずに動物のキャラクターを使うこともあります。

すり替え友達と連携して、動物のキャラクターで心を緩ませる役割の者や、偽被害を訴えて印象操作する役割など、この詐欺師たちは「役割分担」をしているから、巧妙なのです。その裏にあるは、「人生の嘘」の裏にある「隠れた恐怖」ですけどね。

全ての悪は無知からくる

と言うように、

全てのすり替えも無知からくる

ということです。人間らしい健全なことに関して無知なのです。無知だからこそ出来るのです。心が育つとこんな真似できないのです。

もう一度「すり替え」「印象操作」「マインドコントロール」の手口をおさらいしよう!

、例えば、まずアカウントのプロフィールに「私は、嫌がらせを受けていて、私の情報を真似されています!」のようなことを書く。
、そして、自身のツイートで「本などから引用した内容」を繰り返し書く。その本の内容は、ターゲットが情報発信している内容を事前に調査し、それに似ている本を選択します。
、例えば、ターゲットがマインドコントロールに関しての情報発信してるとする。詐欺師は自身のアカウントでマインドコントロールに関する本の引用をたくさんツイートする。そしてプロフィールに「真似されてます」と書いてある。そこで鵜呑みにする事実確認が出来ないフォロワーは「あの人が真似ししてるのか」と、どこかの誰かのこと思い込んでいく。

このように「どこかの誰かのこと思い込んでいく」ように誘導する技法を「インターネット・マインドコントロール」と呼びます。あの、永遠と偽被害を訴えているアカウントも「インターネット・マインドコントロール」をしている者の1人です。勉強しておきましょう!

被害が本当ならツイッターで何年も書きますか?

本当に被害があるのであれば、被害届を出したり、何かしら対処できます。偽被害なら出来るわけがありません。精神が狂っていると思われます。警察に行って偽被害のことを訴えても「マルセイ(精神病者、精神異常者)」だと思われるだけです。なんせ偽被害ですから。本当の被害ならちゃんと対応してくれます。

偽被害をツイッター上で、「真似されてます」「被害受けています」と何年も書き続けている時点で、偽被害だと正常な考えが出来る人ならわかることです。本当に被害があるのであれば、名誉毀損罪、著作権侵害、いくらでも対応方法はあります。偽被害ならば当然対応できません。本当に被害があって困っているのであれば、そのままにしておけるわけがないのです。何年も。何年も偽被害を訴え続けている目的は、「すり替え」「印象操作」「マインドコントロール」です。

霊感商法、偽スピリチュアル系、詐欺師などがよく使う手口です。

この記事を読み、あのアカウントを「繰り返しの視点」見ると、
フォロワーに、どのように「思い込み」を植え付けてマインドコントロールをしているかがわかります。

相手の発言力を奪うための姑息な病気の域を超えている異常な手口

ザ・スリカエ系は、相手の発言力を奪うための姑息で異常という言葉を優に超えている異常な手口を使います。

その1つは、相手の発することが「誰かの真似をしている(誰かの情報をパクっている)」というレッテルを貼ることです。実際にパクっているのなら裁判でも何でもやってみればいいのです。大恥かくから出来るわけがありませんけどね(笑)「妄想は裁判には通じません!っ」とね。

この手口でどんな効果を狙っているのかというと、1つは「その人の発することを信じさせないようにする」ということ。つまり、この手口を使われている人の発信情報はそれだけ価値が有るということでもあります。ここまで悪い虫がつくのですから、価値が高いのです。

綺麗な桜の木に害虫がつくように、
綺麗な情報には公害(すり替え)を流す者が寄り付いてくるのもまた自然の道理。

だから、このような「すり替え」詐欺師は、ああやって匿名でたったの1つの証拠も無しに「真似されてる!あたし(ぼく)、まねされてるぅ!」なんて架空の被害を言い続けているのです。「誰もお前なんぞ真似してねーよ!!きもっ」と思われているのに、万人に手口が通じていると思い込んでいるのか、同じ手口を使い続けるワンパターンなところが未熟なんですよね。

あのようなすり替え発信を信じている者も可愛そうですが同類で、現実認識能力が皆無の愚かな者なので放っておくしかありません。自滅すると思いますが。(頭に妄想を植え付けられることを自ら選んでいる)。普通に考えて、「事実」「証拠」が1つもない情報に踊らされる者もまた普通ではありません。あのようなザ・スリカエ系の「すり替え」詐欺師は、相手の発言を恐れているから必死こいて匿名でセコセコと相手の発言力を奪うための姑息な病気の域を超えている異常な手口を使います。

パクっているのか、そうじゃないのなか、普通にちょっと勉強すればわかることです。勉強不足で判断が出来ない者をああやってマインドコントロールしているアレ、あれこそが「公害」だと本人は分かっていないから万年「スリカエ」なんて、恥ずかしいことが出来るのです。すり替えですよ?コソ泥以下です。やばすぎです。日本大丈夫か?って感じです。

もう一度「すり替え」「印象操作」「マインドコントロール」の手口をおさらいしよう!

、例えば、まずアカウントのプロフィールに「私は、嫌がらせを受けていて、私の情報を真似されています!」のようなことを書く。
、そして、自身のツイートで「本などから引用した内容」を繰り返し書く。その本の内容は、ターゲットが情報発信している内容を事前に調査し、それに似ている本を選択します。
、例えば、ターゲットがマインドコントロールに関しての情報発信してるとする。詐欺師は自身のアカウントでマインドコントロールに関する本の引用をたくさんツイートする。そしてプロフィールに「真似されてます」と書いてある。そこで鵜呑みにする事実確認が出来ないフォロワーは「あの人が真似ししてるのか」と、どこかの誰かのこと思い込んでいく。

このように「どこかの誰かのこと思い込んでいく」ように誘導する技法を「インターネット・マインドコントロール」と呼びます。あの、永遠と偽被害を訴えているアカウントも「インターネット・マインドコントロール」をしている者の1人です。勉強しておきましょう!

相手を悪く見せる準備をこっそりしてから、相手の印象を悪く見せるすり替え情報を発し続けるのです。

こんなことをしている者は、たったの1つも証拠がない。証拠がない。証拠がね。

証拠とは・・・事実・真実を証明するよりどころ

スリカエ(すり替え)」=「公害」=「条件が揃えば立派な犯罪」です。

記事を評価できます。

2019年2月24日コメント0件

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top